カウンセリングを受けてもパニック障害が治らない人の共通点と注意点

今回はパニック障害をカウンセリングを受けることで治すことができる人とそうで無い人の違いと

カウンセリングを受ける際に注意するべき点についてお話していきたいと想います.

先生
カウンセリングを受ければパニック障害は治る!というわけではありませんよ!

人と本音で話すことが苦手である

qi-gong-1583819_960_720
パニック障害を患っており、

人と本音でお話することが苦手な方はカウンセリングを受けても
パニック障害は治りにくいといえます

もちろん、プロなのであなたの秘密やプライベートのことが外部に漏れるということはありません。

そしてカウンセリングのほとんどの時間はカウンセラーが話すのではなく、
苦しんでいるあなたが主体となってお話することが多いので

その時に症状や過去のトラウマ、パニック障害に悩まされるようになったきっかけ等を素直な気持ちで話さなくてはなりませんよね。

人に自分の弱い部分を見せることが苦手、またはできない方はカウンセリングという療法は合っていないと言えるでしょう。

本気で治したいと思っていない

nnw32

カウンセリングの目的は治すことです。

再発することなく完治させ、きっかけとなった原因の芽の存在を認め、それを取り除く事が目的なのです。

しかし中には本気で治したい!と思っていないという方もいることは確かです。

自分の意志ではなく誰々に連れてこられた。本当はカウンセリングなんか受けたくない。

と思っていては全く改善するどころか、お金と時間の無駄になってしまうことが多いですので

相談をする際にはしっかりと事前に自分がどうなりたいのか、
いつまでにどの程度症状を抑えたいのかを明確にする必要があるでしょう。

だって目的もないし、期限もなかったら人は動きませんからね!

カウンセラーとの相性が悪い

カウンセリングはカウンセラーとお話やフレームワークを行うことが治療となりますが、
それを行う受講者とカウンセラーとの相性も大事になってきますよね。

私も過去にカウンセリングを受けた経験もあるのですが
相性が悪かったのを今でも覚えています笑

なんか横柄な態度というか、体が大きな方だったので圧力的なものを感じてしまい、
あまり本音で御話すすることができなかったんですよね笑

悩む女性
確かにカウンセラーの人との相性って結構あると思います
先生
人間なので好き・嫌いはありますよね
悩む女性
苦手な人のところへカウンセリング行っても治らないと思う、、、
先生
相性を見ていく必要があります

これは私の個人的な体験なので、すべての人に当てはまるというわけではありませんが、

無料相談的なものを1回受けてみて、それで

「この人なら大丈夫だ!」と思ったら大丈夫ですし、
「あれ?なんか不安・・・」

と感じたら素直にカウンセリングを受けることを辞めることも賢明な選択だと想います。

注意点は・・

scent-1431053_960_720

注意点をお話します。

注意点はカウンセラーの実績をしっかりと見定めるということです。

カウンセラーという職業は誰でもその場で名乗ることができ、特別な免許は必要はありません。

なので中にはパニック障害で苦しむ人を食い物のように考えており、高い受講料を毎月請求する人もいます。

  1. いままでテレビに出たことがある
  2. どれくらいの患者さんと向き合って来た
  3. 雑誌などのメディアにも登場したことがある

などなどいろいろな実績がある人にカウンセリングを頼むと良いですね!

また受講するときはどれくらいの期間で良く成るのか?
を事前に聞いておくことも大切なことです。

そんなすぐに効果を実感出来ることはない。

と言われ、高いお金を支払い続けるようになり、
結局は改善しないというケースも見られることも事実です。

なのでしっかりと期間や期限、予算を決めることも大切なことですよね!

続き
就職活動中にパニック障害に。依存症状になるも断薬と完治に成功した私の物語

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ