パニック障害で仕事がどうしても辛いなら、○○はいかがですか?


スポンサーリンク


先生
パニック障害で仕事が辛い場合は無理はなるべくしないようにしてくださいね

あなたもこんな状況に置かれていませんか?

22

パニック障害で仕事が辛いと思うのはあなただけではないのです。

会社勤めの場合は症状の他に人間関係があるところにあります。

この上にあるものは知恵袋に寄せられた悩みでこの方の上司は「1週間やるから治せ!」と言われたそうです。そう簡単には治せるものでは決してありませんし、症状と会社の人間関係に怯えてしまうと精神衛生上にも

悪い影響を与えかねません。上司に理解が例えあったとしても治療で病院に通わなくてはならず、つい休みがち・遅刻しがちなので同僚や部下から冷たい目で見られることも覚悟しなくてはなりません。

働く事は必ずしも正義ではない

a0070_000186
今の仕事がどうしても辛い場合は休職や転職することも視野に入れるべきなのです。

日本国憲法でも労働する義務は課せられていますが、無理をして体調や心身を酷使するべきではありません。休職や転職と言っても経済的な状況も加味しなくてはならないのですが、

「同年代は働きさかりだから」「周りの目が気になるし」

とこのように経済的にも在る程度貯蓄があるけど、人の目がどうしても気になる方もいるかと思いますが、

それは「他人の価値観で生きている」証拠なのかもしれません。

パニック障害は改善されることもできるのですが、それよりも悪化させる方が簡単です。

先生
他人の価値観ではなくて、自分の価値観で生きることでストレスは確実に減っていきますよ

階段を登るよりも落ちる方が簡単なのと仕組みは一緒かもしれません。職場に迷惑を掛けるかもしれない、という理由で仕事が辛いけど働くしかないと自分を追い込むのは良くはありません。

負担が掛からないように

scent-1431053_960_720
心身の負担がかからないように、正社員ではなくバイトをしてみると良いかもしれませんね。

その際にきちんと面接時にパニック障害のことはいうべきでしょう。

「会社に迷惑がかかるかもしれません」と一言添えてみて、それで採用されたら会社は理解を示してくれる可能性が高く、もしその会社と自分が合っているなと感じたら徐々に労働時間を増やしていったり、日数を増やして行くことをおすすめします。

1年くらいそこで働けば自分と合った会社に就職できる可能性がありますからね。

今の仕事がどうしても辛くて辛くてたまらないのであれば、転職・休職・フリーターといういずれかの選択肢も候補にいれてみたらいかがでしょうか??

⇒パニック障害が辛くて辛くてたまらない時に読んだ下さい


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ