パニック障害で入院したら?どんな治療法なのか?また入院時の注意点とは?


スポンサーリンク


今回はパニック障害で入院したらどんな治療法を受けるようになるのか?

また入院するときの注意点とかもお話していきたいとおもいます。

基本的にパニック障害だけで入院することは滅多にありません。

日常生活で支障で呼吸するのも苦しい!

というくらい悪化している時に限ることが多いので、簡単にはパニック障害だけでは入院できないということも覚えておいてくださいね

基本的には薬物治療

病院
入院する際にあたり、気になるその治療法は薬物での治療法ですね。

内服薬を摂取しながらも、安静にしていきカウンセリングを受けていくような形になると想います。

ただ入院する病院によってはカウンセリングはなく、単に薬物での治療法になることが多いので

入院するまえにしっかりと確認しておくようにしてください。

私も以前、身体は別に暑く成っていませんし、季節は夏ではないけど、意識がもうろうとしてきて

気がついたら大量の汗でびちょびちょになっていたという経験があります。

診断結果はパニック障害で次第に悪化していき、外に出ることすらできなく入院を検討したことがあったのですが、

受入れてくれる病院がなかったということを経験しています。

全国を探せばいくつかあるので気になる方は調べてみてくださいね!

リハビリとしての作業療法

病院に入院した時に作業療法を行うことがあります。

これは財布や手芸をして、心を癒したり集中する癖をつけるというもので

精神的に弱っている方や過去のトラウマを抱えておりなかなか外に出ることができない人が

少しでも社会復帰できるように

という目的で行われるものです。

入院するくらいパニック障害の症状が悪化しているとリラックスする目的で行うことがあるということを覚えておいてくださいね!

注意点とは?

入院するときに気を付けなくてはならないのは、

しっかりと専門的なパニック障害の病院に入院するという事です。

さもないとただ薬物治療だけになってしまい効果的な改善は見られないことが多くあります。

カウンセリングと言ってもやっぱりこの病気専門の人がやるのと、看護師さんやお医者さんが行うものでは効果は違うはずですからね。

場数を踏んだ専門的なカウンセリングを受けれる病院を探すとよいでしょう。

また金銭的な問題にも触れておきましょうか・・・

大体入院する際に掛かる費用は1週間程度で12万円前後になります。

国からの補助金を頂ければ安く成りますが、

んーーー、でもやっぱり高いですね。

1週間程度ではなく長期的に入院するようになったら生活も圧迫されてしまい入院中は仕事をすることができませんから

余計に精神的に辛く成ってしまうので正直、私は入院という選択はあなたにおすすめすることはできませんね。

調べれば調べるほど私も入院しなくては良かったと思っていますから、経験者として病院に入院することは

控えた方が良いと私は想います!

⇒これは押さえておきたい!パニック障害が再発してしまう原因について


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ