パニック障害で悩んでいる人は一生薬を飲み続ける覚悟はありますか?

パニック障害にいままさに悩まされている人で一生薬を飲み続ける覚悟があるという方はいますか?
今回は私の実体験ベースでお話していきたいと思います。

私は元パニック障害患者です。

パニック障害に悩まされている時は、「人が苦手」でした。

苦手で心がいっぱいいっぱいになると症状が出てきます。その症状を紛らわすために、薬を服用していたわけです。

    私がパニック障害を引き起こしていた時の心理

  • とにかく、夜は眠れないし、朝が起きるのが辛くてたまらない
  • このまま治らないと思い、絶望する
  • 睡眠薬を飲んでも3時間おきに目がさめる
  • 毎日不安と戦って、疲れた
  • 何度も自傷行為をしていた
  • 家族、友人、恋人は理解してくれなくて辛かった
  • 発作で心臓が壊れそうだった

でも”根本的な原因”を知って、それを改善しようとしない限りはずっと薬を服用する羽目になります。

私の体験談を話しながら「薬を飲み続ける」というテーマでお話していきます。

人との関わり合いができない・・・

薬
パニック障害で苦しかったのは人との関わり合いができなくなり、孤独感を味わった事です。

自分のタイミングを見計らって外出するのですが、良いタイミングを取ることができないといつまで経っても外に出ることができませんでした。

だから美容院に予約を入れたとしても急にドタキャンすることもありますし、美容院の前まで頑張って来たとしても

外から見える室内を見るだけで手が震えて来て、喉になにか詰まったような感覚に苦しめられていました

ずっとじっと座っていられることなんてできない。

また遠出をするためには電車に乗らなくてはいけないのですが、でもやっぱり躊躇してしまう自分がいました。

一旦は良く成るが、長続きはしない

waeaq
パニック障害と診断されるとお医者さんに薬を処方してもらえますよね。

いざとなったら飲める頓服薬もそうですし、1日中悩まさせる不安を対処させるものの両方を私は貰っていました。

飲めば良く成るのですが、効果は長続きせずにただやみくもに飲んでいるだけで「本当に治るのか」という疑問は消えませんでしたね

ネットとかでも薬物治療だけで治したという方がいるのですが私にはそれだけで治るであろう兆しはあまり見えませんでした。

だって薬が効いているのか、切れているのかの境が次第にわかなかくなってしまったので、また不安に襲われるのではないか?という恐怖は簡単にはきえないからです。

なので一生薬を飲み続けることへの恐怖心も確かにありました。

薬の効果を数字に表してみることができないので、本当に良く成っているのか?いま辛いのは良く成る直前の反動みたいなものなのか?

効き目は闇の中みたいな感じがしてそれが怖く、そして薬の副作用にも悩まされるようになったのです。

寛解って言葉をご存知ですか?

寛解というのは薬を飲んでいる時は症状ができないということを指してします。

服薬下で症状がほぼ消失している状態を「寛解状態」と言います。

つまり
薬を飲まないと発作、予期不安、広場恐怖に悩まされてしまうのだけれども、飲んでいれば大丈夫!
ということですね。

薬の副作用はあったとしてもパニック障害の症状がでていなければ、表面上は「治っている」ということになります。

結構、この寛解の状態は人は多いような気がします。

でもこれは正確に言えば治ってはいませんよね。
だってパニック障害の症状の変わりに副作用に苦しめられるリスクもありますからね。

確かに表面的にはなにも問題がないような感じがしますが、
一生薬を飲み続けなくてはいけないのと同じ意味です

19.31.49

そして次第に身体に抗体が出来る事で再び症状に苦しめられることがあります。

急に薬を止めることで離脱症状が出ることがあるので、少しずつ摂取量を減らしながら、本当の意味でパニック障害にさようならが言えるような克服法を実践してみてはいかがでしょうか?

いま寛解の状態の人は症状が出ていないうちに完治させるべきですよね。

続き
悶えるほど苦しいパニック障害を薬なしで克服するポイントを2つ伝授

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ