パニック障害という恐怖をあなたが感じなく成るためには??


スポンサーリンク


パニック障害は不安や恐怖が襲ってくる病気です。

ではなぜその恐怖をあなたは感じてしまうのでしょうか?それが解ればその恐怖を克服することができますよね?

この記事を見ればあなたは発作という恐怖を解消させることができるでしょう。

なぜ怖がるのか?

なぜ恐怖が襲ってくるのでしょうか?

その問いの答えは2つあると私は考えます。

それは「死の意識」と「見えないもの」に分類します。

死の意識というのは、発作によって身体的な異変が起きることによって苦しくそのまま息が途切れてしまうのではないか?

という症状から生まれるものです。

突然前触れもなく、息が苦しく成ったり頭がグルグルして目が回ってしまうことを1度でも体験した事が有る人なら解ると思いますが、

本当に死んでしまうんだ・・・

という恐怖の症状はなんとも言葉では表現しようにもできません。

病院で検査をしてもどこにも異変がなく、医師からパニック障害と診断されても、

「いえ、本当に異変はないの?」と自分でもびっくりしてしまいますよね。

恐怖心を感じてしまう原因の一つ目は発作による死の恐怖ということです。

見えないという怖さ

一度でも発作を体験すると今度は不安に襲われます。

この不安は

「またいつどこで発作が襲ってくるのだろうか・・・」

という体験によって引き起こされる不安がより強いものとなって恐怖に変化するのです。

また医師には身体的には異変がないと言われても今度発作が起きたときこそは、私の生命が途切れてしまう時だ・・・

と検査では解らないという原因が「見えない」という不安も恐怖という感情に変化するのです。

これを例えるならば真っ暗な森の中で”あるもの”を探しているような感覚に非常に近いですね。

光が全くないためにそのものの手がかりがない状態で手探りで探す状態に似ています。

近くには誰もいないはずなのに、ガサガサと音がしたら得体の知れない恐怖心が襲って来るでしょう。

もしかしたらそれは人かもしれないし、夜行性の動物かもしれません。

その得体の知れ合いものを意識するだけで、人は「恐怖心」を感じるように成り、そのガサガサとした音の原因は肉食動物でいつ襲われるかわかりません。

静かになったとしてももしかしたらあなたの後ろであなたを襲う準備をしているかもしれないという

めぐらされる「想像」がより一層、心理的に負担を掛け。正体がわからない・・・

ということがなによりもその恐怖の原因なのです。

ということはその恐怖心を拭い去るためには、パニック障害の正体を暴く必要が有りますよね。

また死への恐怖心を拭い去る方法をあなたにこちらの記事で御伝えしたいと思います。

⇒パニック障害から立ち直るためのマインドセットと習慣とは?


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ