パニック障害などの不安障害を克服するためのマインドセット(考え方)

パニック障害、強迫性障害、自律神経失調症、対人恐怖症、不安障害。
これらの病気を併発している方は非常に多いんです。

不安や恐怖を感じてしまう心への負担をどのようにすれば、少しでも和らげることができるのでしょうか?

今回のテーマはマインドセット(考え方)です。

考え方一つで気持ちは変わっていきます。

悩む女性
考え方についてはあまり考えたことがありませんでした
先生
マインドセット(考え方)を変えるアプローチの仕方は今、かなり注目をされているんですよ。

事実はひとつだけど解釈は無限大

nnw32
私たちは目で世界の出来事をみていますよね。同じところから見ている世界はどんな人から見ても同じです。

色や風景は同じなのですが
でも違って見えてしまうことがあります。

それは眼鏡をつけて世界を見ているときです。この眼鏡というのは視力が悪い人が掛けるものではなくて、
偏見や自分の経験を積み重ねることによって出来上げるものなのですが

つまり、事実はひとつしかないのに、
そこに解釈が入ることによって人によって世界は異なってしまうのです。

すみません、
あまり私は頭が良くないので難しい話をするのが苦手ですがもう少し御付き合いしてください!

同じことが目の前で起こっているのにも関わらず、それを楽しんでみている人もいれば、悲しんでみている人もいますよね。

パニック障害、強迫性障害、対人恐怖症、不安障害に悩まされている人とそうではない人とでは同じ事柄に対する感情は違ってします。

ここで大切なのは、物事の善し悪しを決めているのは自分だけということなのです。

不安で不安でしょうがない気持ちになってしまったり、
恐怖すら感じてしまい手汗がどんどん発汗し、

呼吸することすら難しくその場でうずくまってしまうこともあるかと想いますが、

それはある意味であなた自身が決めていることだ!ということです。

もちろん好きこのんでこのような不安障害になっているわけではないですよね。
こんな私も以前はパニック障害で酷い目に会わされていたのですから。

gift-553149_960_720

少し残酷な言い方になるかもしれませんが、でもその苦しみを生んでいるのはあなた自身なのです。

でもでも明るいポジティブな言い方をすれば、それはあなた次第で治すことができるということにもなります。

あなたは本当に不安障害を克服して行きたいですか?

私がどうやって克服することができたのか、そのすべてをあなたに御伝えするのですが、まずは覚悟を決めてください。

「苦しむ原因はすべて自分が生み出しているんだ」ということを認め、

そして「自分は絶対に治すんだ!もう苦しむことは辞めるんだ」という覚悟を決めるのです。

これが出来なかったらいますぐ戻るをクリックしてこのサイトから出て行ってください、時間の無駄になってしまいますので。
覚悟を決めた方は先に進みましょう。大丈夫です、私も一緒ですから

続き悶えるほど苦しいパニック障害を薬なしで克服するポイントを2つ伝授

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ