パニック障害の人が仕事復帰する時に絶対に覚えておきたいこと


スポンサーリンク


悩む女性
パニック障害が少しずつ収まってきたので仕事復帰を考えているのですが、少し不安です

こんな質問を頂きました

7654321

このような質問を頂きました。

見解としてましては発作が起こる!と思うような体調不調や気分の低下を感じたらすぐに休憩を取るべきです。

仕事復帰の際に一番心配に成るのはやっぱり発作ですよね。

  • 自分では治ったと思っている
  • 経済的な理由

によって働かなくてはいけない状況もあると思うのですが、やはり気にするべきなのは自分自身の体調です。

仕事復帰ということはあなたはパニック障害に悩まされていることは職場の方々は理解されているということですよね?

しっかりと周りの理解・周知を心が得るようにしてくださいね!しっかりとサポート体制と整っている職場ですがあなたが体調不良になったときや苦しいときになにかしらの援助をしてくれるはずです。

決して急いではいけません

仕事現場
働き盛りの人だとどうしても

「同年代は一生懸命に頑張っているのだから自分も頑張らなくてはならない!」

と気張ってしまうことは良くあることだと思います。しかしパニック障害はそう簡単には治るものではありませんし薬の服用で一時的には良く成ったとしても結果的に再発させてしまうこともあります。

なので辛い状況になってしまったときに、休めるのであればその休みは必要不可欠なものですので無理だけは絶対にしないようにしましょう。

またいきなり正社員として働くのではなくて仕事復帰の最初はバイトでも良いですね。

悩む女性
確かにいきなりフルタイム労働よりも徐々に体を慣らしていく方がいいですね
先生
ちょっとずつ体力を取り戻しながらやっていくことを私はオススメしています

少しずつ勤務時間を延ばして行ったり、週1から初めてみて週5を定時の時間働くことに徐々に身体を慣して行くのも良いでしょう。

パニック障害が原因で一度職を離れた期間が長い場合は、働く事へのストレスやプレッシャーに身体が拒否反応を示す場合があり、余計症状が重く成ってしまうこともあるので

準備体操という意味を込めて徐々に労働に身体を合わせるように心がけてくださいね!!

プロ野球選手でも試合前の数時間は「準備」に費やすはずです。ケガして長期離脱しないようにストレッチしたりイメージトレーニングをしたりして自分と勝負の時間との「ギャップ」を無くしていくための必要な時間なのです。

これは全く同じ事が言えますよね。

久しぶりの仕事では人間関係のトラブルであったり思わぬ対応を迫られたりと心身に大きな負担が掛かって行くでしょう。

それを上手に処理出来るように、長期的に働けるように焦らず、慌てずに準備してくださいね

先生
少しでも厳しい!と思ったら無理は絶対にしては行けませんよ!!

⇒これは押さえておきたい!パニック障害が再発してしまう原因について


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ