パニック障害は遺伝するのか?家族内でこの障害を患っている人がいると、なんと・・・


スポンサーリンク


私はパニック障害を患っているのですが、私の両親も私が生まれる前に同じ障害で苦しんでいたと聴きました。

いろいろ話を聞いてみるとパニック障害は遺伝なのか?と疑問に思ったのです。もし遺伝だったら私の子供もこの辛い障害で苦しんでしまうのではないか?と本当に不安になってしまいます。

特定の遺伝子は見つかってはいない

20070210001850
パニック障害がもし遺伝だとしたら、それを遺伝させるための遺伝子があるはずです。

しかし現代の医療ではその遺伝子は全く見つかっていないのが現状です。

ただその体質は受け継がれることがあります。

どういうことかというとストレスを感じた時にそれをどうやって対処するか?

という体質は遺伝されることによって外部的な環境要因でストレスを感じた時に上手に処理することができずにパニック障害を患ってしまうということは確かに有ります。

つまり直接的にではなく、間接的にパニック障害を引き起こす遺伝子(体質)は確かに存在しているということです。

なにか特定に反応が起きた時に必ず引き起こされるものではなくていろいろな事象(環境や体質)によって発症するということになります。

家族に患者がいると・・

親が過去にパニック障害を発症したことがある家庭の子供はなんと、パニック障害になる確立が約20%も高まるという研究データがあります。

これをそのまんま捉えてしまうと遺伝は関係あるのではないか?と思いがちなのですが、

家族にパニック患者が居る家庭に生まれた一卵性双生児でも、育てられた環境がそれぞれ異なる場合は両方同時にはパニック障害などの精神病にはかからないことが多く観測されています。

つまりこれから解るように、確かに遺伝的な側面もあるかもしれませんが、

環境的な要因が強いという事が言えますね。

家庭内に発症している人、発症した事が有る人がいるからと言って必ずしも皆が皆この障害に苦しむということはありません。

自分が親になるときに子供のことを考えて不安になるということはないということもなります。

遺伝というよりもいかに育ち育てる「環境」の整備に力を入れるべきなのではないでしょうか?

しっかりと愛情を持って接する事でパニック障害をはじめとする精神病を感染・遺伝させる危険性は最小限のものとすることができますよ。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ