パニック障害はssriでの治療法は向いていないと私は思っていますが・・・


スポンサーリンク


パニック障害はssriでの治療法は向いていないのではないか?

と私は思っているのですが、今回はこのテーマについてお話して行きたいと想います

副作用がある

ssriは脳内のセロトニンの分泌量を増やすことが目的ですよね。

セロトニンがしっかりと一定以上に保たれることで精神的な安定がもたらされるのですが、

ssriは副作用に苦しめられる方が多いのが特徴です。

パニック障害で悩まされているだけではこの薬を単独で処方されることはあまりないのですが、鬱病、強迫性障害、社会不安障害を併発されている方は

処方されることが多いです。

副作用として

  • 吐き気
  • 睡眠時間の長時間化
  • 不整脈
  • 胸の苦しみ
  • イライラ

が症状として感じる危険性があり、人によっては体重増加をすることもありますし、これらの症状はパニック発作に似たものなので

副作用と発作の両方に苦しめられる危険性があることを覚えておいてくださいね

依存性が高い

依存する可能性が高いこともssriの特徴です。

薬を摂取することで血中濃度が変化するのですが、

これらの濃度が時間が経つ事で薄まることで、身体がこれを求めてしまうということが起こるのです。

これによって薬なしでは生活することができない、薬なしでは外に出る事ができない、不安で溜まらなく成る

という精神的な依存にもなっていってしまうのです。

確かにssriを服用することで精神的も楽に成ることはあるのですが、

逆に依存状態になってしまうとこの薬を辞めるために、脱却するために必要以上の苦労が伴うことがありますし

何と言っても一時的な効果しかないんですよね。

一時的にしか楽に成らない

薬を服用する事で治すことができるのは発症してからあまり時間が経っていないというのが条件です。

これは私も体験しているのですが、

薬を初めて飲んでからあまり効果を実感することができないのであればある程度経過した後に薬を服用しても

効果は感じません。

一時的に良く成ることはあると思うのですが、また少し時間が経過することでまた発作や息苦しさ、生活のしにくさ

を感じているのであれば継続的に治して行くことが求められるのではないでしょうか?

薬でごまかし、ごまかし続けることは人によってはできる(私は最初からあまり効果を感じなかったので・・・)

かもしれませんが、このまま半永久的に薬を飲み続けることは避けたいですよね。

⇒ベンゾジアゼピン抗不安薬がパニック障害をより強固なものにする


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ