パニック障害を治したいならカウンセラーに頼ってはいけない2つの理由とは


スポンサーリンク


パニック障害を克服したいと想い、カウンセラーを探そうとしているのであれば

ちょっとストップしてください。その理由をこれからあなたにお伝えしていきたいと思います。

誰でも簡単に名乗ることができる

tumblr_npbsj7SVjB1teue7jo1_1280
世の中にはたくさんのカウンセラーと名乗る人がいますが、

メンタルアドバイザーやパニック障害克服カウンセラーなどは民間の資格または勝手にそう自分で名乗っているだけなのです。

臨床心理士や精神科医はレッキとした医師国家試験に合格しているので

専門家と言えるでしょう。

しかしその他のカウンセラーは名乗っているだけか、または民間の資格に合格しただけの方なので、もしあなたが受けようとしているカウンセラーがいるのであれば、

経歴と実績を先に調べておく必要があります。

技量が乏しいことがある

名乗るだけで誰でもカウンセラーになることができるので、

重度なパニック障害を患っている患者さんを取り扱った経験が非常に少ない傾向にあります。

もし本当に腕や技量があるのであればそもそも医師国家試験を受けてますからね。

ただこれは全てのカウンセラーに対して言っているのではなく(中には凄腕の方もいますし)、

総合的に見て、、技量が乏しいということです。

しっかりと病院を構えていないカウンセラーはなるべく避ける必要があります。

店舗としての病院を構えていないということはそれだけ経験が少なく患者さんの人数も少ないために

凝り固まったアドバイスや心理療法をすることができません。

パニック障害は患者さんによって原因・症状・解決策が全く異なっているために

ひとつの方法とか提示・提案できない人はなるべく避けるのがベストです。

個人的に何人かのカウンセラーさんとお話しする機会があったのですが、やはりほとんどの方が患者さんの症状に合わせてアドバイスをするということではなく、

マニュアル的なものに沿ってひとつのアドバイスをするという感じでした。

つまり、経験が少ないのと比例して解決策の引き出しが少ないということです。

まとめ

こういった理由から医師国家資格を取得していないカウンセラーに相談することでは決してパニック障害は克服することができないというわけです。

また料金にも注意してくださいね。

「効果が出るまで時間が掛かる・・・」

というのは仕方がないことですが、この言葉を利用してより多くのお金を患者さんに請求する人もいるので十分注意してくださいね。

もしあなたが一回の治療で安心してパニック障害を薬物療法ではなく完治させたいのであれば

続き就職活動中にパニック障害に。依存症状になるも断薬と完治に成功した私の物語


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ