パニック障害者はアルコールを摂取してはだめですか???【Q&A】


スポンサーリンク


パニック障害の人はあるべくアルコールは摂取しない方が良いですか??飲酒する習慣があるのですが、やめた方がいいですかね?
先生
あなたと同じような疑問をもつ方は非常に多いので回答しますね

頻繁に飲んではいけない

アルコール

アルコールは飲んでも良いのか?という質問に対しての答えは、

「頻繁には飲んではいけない!」です。

絶対にだめというのは飲酒を楽しみにしている人や、お酒を飲むことが習慣化している人にとっては酷でしょう。

確かにパニック障害で苦しんでおり、

いきなり飲酒すること禁止されたら習慣が崩れてしまうので逆にストレスを身体に溜め込んでしまう恐れがあり、ストレスを外に発散させることができなくなってしまうのです。

肝臓に負担がかかる

アルコールを摂取したらそれを体内で分解しなくてはなりませんので肝臓に負担が掛かってしまうのです。

なので毎日飲むことはお勧め出来ません。

医者の中で患者さんの飲酒は在る意味で暗黙の了解を得ているなんてお話を聞きますが、飲酒の日常化は肝臓に負担をかけてしまうのです。

パニック障害の患者さんは自律神経のコントロールがなかなか上手にすることができません。

自律神経がコントロールされていないと胃腸、肝臓といった臓器の活動が停滞化されるのでアルコールを飲み続ける事は余計に臓器の活動を妨げるおそれがあることを十分に認識してくださいね。

薬との服用は絶対に避ける

depression-824998_960_720
ストレス解消の意味を込めてアルコールを気分転換に飲む事は限られた範囲の中で認められてはいるのですが、薬を服用した日は飲んではいけません。

精神安定剤とアルコールの相性は悪く、吐き気、痺れを引き起こしてしまいかねません。

精神安定剤は神経に作用する事がおおいので、誤った用法・用量をしてしまうと副作用の影響を多く受けやすいので、十分注意が必要です。

理想的な形はいきなり禁酒するのではなく、少しずつ飲む量と飲む時間を減らす事で身体に悪い影響を与えずにアルコールから距離を置く事ができるようになるでしょう。

⇒ベンゾジアゼピン抗不安薬がパニック障害をより強固なものにする


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ