広場恐怖が悪化してしまうことを「般化」と言う!苦しんでいる人は注意


スポンサーリンク


パニック障害の症状のひとつとして広場恐怖というものがあります。

発作が起き易い場所や状況に恐怖や嫌悪感を感じるものです。

広場恐怖が悪化することを「般化」と言います。あなたの症状は般化していませんか?

どんどん悪化していませんか?

広場
広場恐怖の「般化」非常に厄介ですよね。

    パニック障害の三大症状

  • パニック発作
  • 予期不安
  • 広場恐怖

初めて発作が起きたのは電車の中で、それ以来、電車に乗るときは「予期不安」に襲われて心身が強張ってしまったり、
発作がいつ起きてもおかしくないので、びくつくようになってしまいます。

電車に乗れば必ず発作が起きるとは限りませんが、しかし必要以上に気にすることでどんどん症状が悪化します。

発作に対する不安はもちろん、どんどん苦手なものが増えていくのが「般化」の特徴で、

電車という括りに留まるだけではなく、バスや新幹線などの公共乗りものだけではなく、終いには運転する車の中でさえも発作が起きてしまうように成るのです。

不安や恐怖を感じる場所や場面を完全に避けることが出来るのであれば良いですが、悪化してしまうとどんどん行動範囲も狭く成ってしまいます。

    パニック障害の症状一例

  • 激しい動悸
  • 頻繁な脈(頻脈)
  • 息切れ
  • めまい
  • 呼吸困難
  • 不快感
    パニック障害の具体的な症状

  • 心臓がドキドキする
  • 吐き気や腹部の不快感がある
  • 息苦しさを感じる時がある
  • 喉が詰まった症状が出る
  • 手や足の裏から発汗が出る
  • めまいやふらつきが出る
  • 体が震える時がある
  • 自分ではどうすることもできない恐怖に襲われる
  • 発作が起きる
  • 現実を現実だと感じなくなる
  • 発作が起きた時に死を感じる
  • 手足や体の部位に痺れが出ることがある

以前や電車の中、今では人通りがある程度あると恐怖を感じて引きこもるようにもなります。

<関連記事>
なぜパニック障害は薬物治療で治そうとしてはいけないのか?

「般化」を起こしているのは自分自身である

パニック障害は外的な要因がきっかけとなって起こることが多いです。

しかしそれはあくまでもきっかけであって、本当の原因は自分自身にあります。

例えば、性格です。自分の性格がパニック障害を悪化させていることもあります。

    パニック障害を引き起こしやすい性格

  • 几帳面である
  • 他人からの評価が気になる
  • 仕事やプライベートで完璧を求めてしまう
  • 何かあるとイライラしてしまう
  • 自分の基準で生きれず、人の目が気になり自分と他人を比べてしまう
  • 自己主張が苦手

私も過去にパニック障害を引き起こしていた時は、かなりマイナス思考だったのであなたの気持ちはすごく分かります。

性格や考え方に関しては
健康は心から!パニック障害から立ち直るためのマインドセットと習慣とは?

こちらの記事で話しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

般化対策!しっかりと治すことが大事

MORI
症状が悪化しているのあれば、それをまずは記録することをお勧めします。

後々治療する際に非常に重要にもなっていますし、あなたの症状を残すことでより正確に問題点を捉える事が出来るからです。

「般化」が進むとさきほどもお話ししたとおり行動範囲が狭く成りますし、どうしても外出しなればならないときにより大きな負担を心身にかかることにもなるのです。

より多くの負担を回避するためにより多くの薬が必要となる場合もあるでしょう。

そうなると広場恐怖は治るどころか悪化の一途をたどることになります。

先生
なのでパニック障害と向き合えるようにするためのアドバイスしますね

⇒悶えるほど苦しいパニック障害を薬なしで克服するポイントを2つ伝授


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ