胸痛!パニック障害と診断された方も参考にしてください


スポンサーリンク


胸痛に襲われるのはパニック障害の症状でもあります。

ただこの症状はパニック障害特有の症状ではありません!

詳しく見ていきましょう!特に胸が痛い、息が苦しいという症状に悩まされている方は!

自覚症状をメモしておく

胸を抑える

単に胸が痛いということは危険なことなんですよね。

だって胸は心臓のことなのでもしかしたらパニック障害ではなくて心臓関係の病気の危険性があります。

なのでパニック障害かと思っても実は心臓の病で間違って診察されてしまったら治療により時間がかかり

身体にも負担をかけてしまうことがあります。

なので適切な診断を受けるまえに自覚症状をメモしたり記録したりして置いてくださいね。

パニック障害の発作は一時的なもの

胸の痛さは一日中続くということはありませんよね。

心で感じたストレスや緊張が身体に直接影響を与えることが発作に繋がるのですが、ほとんどの場合は10−15分程度で収まりますよね。

なのでそれ以上長く続く場合や一日に複数回続くのであれば

パニック障害ではなくて心臓病の危険性があるので注意してくださいね!

セカンドオピニオンも受けてみること

心臓病かと思って薬を服用していたけど実はパニック障害だった。

パニック障害かと診断されたけど実は心臓関係の病気だった。

なんてことが実際にあります。

なので複数の病院の医師に診察を受けるのも良いと想いますし、私個人的にもおすすめです。

またみぞおちや胸の付近、顎、胃の不快感などなど

痛いところが日によって異なる場合は不安障害の症状なのでさきほどもお話したようにしっかりと日常の記録を取ることをこれもまたお勧めします!

パニック障害と似た症状で違った病気があるのでぜひチェックするようにしてください!

⇒パニック障害は2つ発症の仕方がある!あなたは不安先行型or身体先行型?


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ