パニック障害は超えるためにある。正しい考え方と自分を信じることの大切さ


スポンサーリンク


パニック障害の症状が酷いと息をしているだけで詰まってしまうような感覚に襲われるようになると思います。

日常生活で使える考え方(マインドセット)についてお話します。

私がパニック障害に悩まされている時は本当に考え方がひどかったです。

    私がパニック障害を引き起こしていた時の心理

  • とにかく、夜は眠れないし、朝が起きるのが辛くてたまらない
  • このまま治らないと思い、絶望する
  • 睡眠薬を飲んでも3時間おきに目がさめる
  • 毎日不安と戦って、疲れた
  • 何度も自傷行為をしていた
  • 家族、友人、恋人は理解してくれなくて辛かった
  • 発作で心臓が壊れそうだった

過去を思い返さない

2-4
過去に失敗した経験や恥ずかしい思いをしたことは簡単には忘れることができませんよね。

私も小学生のときからいじめにあい、ストレスが原因で中学生のときには顔中がニキビだらけでしたから・・・。

顔が常に赤いのを女子には影口を叩かれ、男子には直接馬鹿にされたり・・・

こんな経験もしましたが、苦い思い出を思い出したところでなにも生まれません。

私たちは未来を指向(思考)しながらいまこの瞬間を生きなくてはいけないのです。

なので過去をのことを考えることは辞めましょう

治さなくてはイケナイんだ・・という思考を辞める

パニック障害に罹っているとそれをなんとかしようと思ってどうやったら克服出来るんだ?と悩み過ぎてしまうことはありませんか?

    パニック障害の症状一例

  • 激しい動悸
  • 頻繁な脈(頻脈)
  • 息切れ
  • めまい
  • 呼吸困難
  • 不快感

考えすぎることで余計に潜在意識にパニック障害のことばっかりが頭のなかを駆け巡るようになってしまうのでお勧め出来ません。

意識し過ぎたり考え込みすぎないようにしてくださいね

効果があると実証されているものは躊躇わず実行してみる

効果があると実証されているものに関しては

「本当にこんなことをやって治るのだろうか?」
「なんか怪しい」
「もう少し後になってから試してみようかな」

このように躊躇してしまう気持ちはよくわかるのですが、それではいつまで経ってもパニック障害を克服することはできませんよね。

確かに考えることも必要なのですが、考えすぎて行動が出来なくてただ時を垂れ流してしまうことも問題なのですよね。

なので実証されている解決方法については自分で考えずにまずはやってみる!というのも有効なのではないでしょうか?

現実を大切にする

  • こんな風になっていかなったら今頃・・・
  • 本当なら私には明るい未来が待っていたはずなのに・・・
  • あのときのままいっていたら本当はもっと輝けたのにな・・・
  • 楽しいことばっかりが自分には待っていると思っていた・・・
  • 私はなんでこんな暗い部屋でひとりぼっちなんだろう、あの子とはどこで道が別れてしまったのか・・・

考えても考えても切りがありますよね。

私だってパニック障害になっている期間がもう少し短いものだったら?なんて考えることはありますが、理想的なことばっかりを考えていてもなにも変わることはありません。

そればかりか余計に辛い気持ちになってしまうのではないでしょうか?なので理想の自分を考えるのではなくて、現実を冷静に見る目を持つことも必要です。

いきなり難しいことから始めない

なにごともホップ→ステップ→ジャンプ この順番がありますよね。

跳び箱もいきなり踏み台ではねたとしても全く高く飛ぶ事はできないはずですし、跳び箱を超えることはできません。

なので助走をつけてから、踏み台を思いっきり蹴り上げることで初めて「ジャンプ」することができるのです。

いきなり難しいことにチャレンジするのではなくてコツコツいまあなたが出来る最も簡単なことから初めてみると良いのではないでしょうか?

みんなはもうあんな高い跳び箱まで飛べるようになったのに・・と思う必要はなく、徐々に段を、毎日を積み重ねて行けば良いのではないでしょうか?

やり易いことから始めることで毎日継続して続けることができますからね。積み重ねることで初めて見えてくる景色があるでしょう。

粘り強くなる

ことを成し遂げようとしたときでもすぐに結果を出すことは難しいですよね。

準備期間というものはあります。これはパニック障害の克服でも全く同じことがいえるのではないでしょうか?

一回やっただけで結果はでませんし、さきほどの難しいことから始めないと似ているのですが、継続していくことを意識していきましょう。

当たり前のことをすることは非常に簡単です。ただやり続けることは非常に難しい。

「今やる」これを毎日続けて行く意識を持つことができれば粘り強くなることは間違いありません。

自分の可能性を信じてすぐに無理とは思わない

自分のことを信じていますか?なにがあってもやり遂げることができると信じていますか?

少しは自分のことを疑ってしまうことはあると思います。過去のことや自分がどんな人間かを一番わかっているのは自分ですからね。

でも最後まで信じ抜くのです。「自分ならできる」と。「自分ならパニック障害を木っ端みじんに克服出来る」と。

信じる物ややり続けた人間は必ず成功する!とはいいません。

でもみんな辛いことはあります。この障害に苦しみ抜いた私ですらパニック障害をこうも見事に超えることができたのですから

あなたに出来ないことはないのではないでしょうか?

<続き>
⇒悶えるほど苦しいパニック障害を薬なしで克服するポイントを2つ伝授


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ