鬱病の薬はパニック障害患者に効果がある?あなたの症状はいかがですか?


スポンサーリンク


今回のテーマは鬱病の薬はパニック障害の患者に効果があるか?ということです。

パニック障害と鬱病は非常に近い病気なので併発している方は非常に多いのですが、しっかりとここで知識を付けていきましょう!

気分が低下してしまうことがある

パニック障害の発作が出て来た時に、その発作に対して恐怖心を抱いたり、逃げる事ができない空間に自分がいることを想像しただけで

動悸や目眩、えづきを感じることがあります。

これを予期不安、広場恐怖というのはあなたもご存知だと思うのですが、

これらは脳で考えることなので、実際に体験していなくても不安を感じるという脳の働きによって常に精神的にダメージを負っているような感覚になるのです。

気分の低下が常で辛い思いをしているのは自分だけなんだな・・・

という孤独感に追いつめられることでドンドンと心が疲労して行くようになるのです。

ある一定までは自分ひとりで耐えることができるのですが、ストレスや疲労が一定量を超えてしまうことで

せき止められていた水がダムの崩壊によって一気に押し寄せてこぼれてしまうことで鬱病が発症してしまうのです。

なので不安を感じ続けてしまう、または気分の低下、食欲不振、集中力の欠如、性欲の減退、

やつれてしまう等々

パニック障害を発症されているかたで上記のような症状に当てはまるのであれば抗鬱病薬は飲む事によって実際に鬱病になってしまうことを予防することができるでしょう。

ただし短期的に服用する

この場合でも気を付けなくてはならないのは鬱病にならないために飲む薬は短期的に服用する!ということです。

鬱病の薬は鬱病のための薬であって決してパニック障害のための薬ではありませんし、

長期的に服用することで薬の種類にもよるのですが副作用に悩まされることがあります。

なので短期的に予防している間に、具体的にパニック障害を克服するような手段を実行しなければならないのです。

また気分の低下がみられるのであれば、しっかりと気分転換できるように日光を浴びたり、少しでも良いので辛く成らない範囲で

運動をしてみることをお勧めします。

関連記事夜は眠れなずに睡眠の質が低いパニック障害患者必見!守るべき要点とは


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ