パニック障害の症状である動悸を少しでも軽くする○○な方法!


スポンサーリンク


悩む女性
パニック障害の症状の動悸を少しでも軽くする方法ってありますか??

パニック障害の発作が起きたときにはその激しい動悸を抑えることは非常に難しいです。

そんな簡単には抑えることができないのですが、発作が起きる前からしっかりと「準備」することで症状を軽く出来るような生活習慣を御伝えします。

刺激物はなるべく取らないようにする

two-types-of-wine-2466267_960_720
動悸の症状を少しでも軽くしたいのであれば、刺激物はなるべく避けるようにしてください。

刺激物は以下の通りです。

  • コーヒー
  • アルコール
  • 香辛料
  • 栄養ドリンク
  • タバコ

覚醒物質が入っているカフェインをなるべく摂取しないようにした方がよいでしょう。

お風呂は熱すぎない温度にする

waeaq
お風呂に入る場合は、熱すぎない温度に水を設定するのがポイントです。

熱いお風呂の方が身体を温めることができるのではないか?と思いがちですが、それでは身体の表面しか温めることができず体の芯は冷えたままです。

パニック障害の動悸を軽くしたいのであれば、自律神経の副交感神経を活性化させる必要があるのですが、

ゆっくりと時間をかけて38度くらいの少し温めのお風呂に入ることで交感神経を鎮め、副交感神経を活性化させることができますよ。

そして身体が温まっている間の横になることで、横になってから睡眠までに掛かる時間、「入眠時間」を短縮する事が出来るので質の高い睡眠を取る事が出来ます。

パニック障害の動悸は生活のリズムが不規則、乱れていると辛く重くなっているので十分な上質な睡眠をとることで少しでも発作が起きた時の痛みを軽減する事が出来るでしょう。

運動を心がける

gwaw
心身のバランスを整えるためには運動は必要不可欠です。

しかし広場恐怖症になって動悸が起きないように人が多いところでの運動は避けるようにしてください。

さらに激しい運動ではなく目的はリフレッシュなので、気分転換できるくらいの運動量を意識してくださいね。

息切れを起こすようなランニングではなく、ジョギング程度でも良いでしょう。

先生
ランニングするときのコツとしてはつま先から着地するのではなく、しっかりカカトから着地するようにするとより効果的に脂肪燃焼してくれますよ

どうしても外に出るのが怖い場合は、自宅でもも上げしてみたり、廊下を歩いてみたり、階段を上り降りするだけでも気分が上向きになるはずです。

刺激物はなるべく取らないようにする
お風呂は熱すぎない温度にする
運動を心がける

⇒悶えるほど苦しいパニック障害を薬なしで克服するポイントを2つ伝授

先生
動悸がきつい場合はくれぐれの激しい運動は避けるようにしてくださいね

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ