パニック障害を食事から治して行く!オススメの食品とは?


スポンサーリンク


パニック障害を食事の面から改善していくためにはどのような食べ物を食べていけば良いのか?

簡単に説明していきたいと思いますね。

食べ物を変えるだけでパニック発作を抑えたり症状を緩和させることができるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

心の効く食べ物は?

食べ物

  • 牡蠣(かき)
  • 小麦
  • お茶
  • なつめ
  • 緑豆
  • 牛乳
  • レンコン

これらの食べ物は精神的な安定と血液循環を綺麗にする働きがあります。

興奮している状態を抑えたり身体を温めたりすることで発作の程度を抑えることができるでしょう。

イライラや寝汗を防止できるように

カルシウム、鉄分、ビタミンb/eが多く含まれる食べ物を摂取してみてくださいね。

胃腸に負荷や負担が多く掛かると自律神経のバランスが乱れやすく成るのです。自律神経が乱れやすいと精神的に不安定になりやすくなるので、

胃腸に優しいものや消化の良い食べ物がおすすめです。

肝臓に優しい食べ物は?

  • 黒ごま
  • セロリ
  • キャベツ
  • ニラ
  • 春菊
  • レバー

これらの食べ物は血液循環を良くし胃腸の機能を上げてくれる効果があります。

特にセロリはカルシウムとカリウムを多く含み、カリウムは血圧の正常にする働きがあり栄養素が満点なのでおすすめです。

気力、体力、精力の3つの力を私たちに降り注いでくれる食べ物を摂取することで少しずつパニック障害を克服できるようになるでしょう。

精神的に弱っているときや体力を補給したいときにはレバーを食べてみて下さいね

バランスよい食事と続けることが大事

栄養素が偏っているとせっかく身体に良いものをたべもの吸収してくれない時がありますので栄養素が偏らないように意識してくださいね!

また健康に良いと解っていても自分が苦手なものもあると思います。

そのときに我慢して一気に食べるのではなく少しずつ毎日摂取するようにしてくださいね。

自分が好きなものを好きなだけ食べる生活はストレスを感じないかもしれませんがご自身の体調や症状と向き合うために

少量でも良いのでさきほど紹介したものを体に取り組むようにしてくださいね。

そうすれば薬や漢方に頼る事無くパニック障害を克服することができるはずです!

⇒ベンゾジアゼピン抗不安薬がパニック障害をより強固なものにする


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ